<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
title_pict これを着て

応援してきた、弟たちや、その後輩たち。
最後の挑戦が、志半ばで終わってしまうその瞬間は、いつも虚しさを感じさせられます。
去年の弟たちのチームも、今年の後輩君たちのチームも。
負けた気がしないから、消化不良になっちゃってしょうがないです(+_+)
キラキラした、高校生活3年間を、殆どラグビー漬けで過ごしたボーイズ。
あー…
いたたまれないです。


以下、そこはかとなく個人的な思いをつらつらと。
やっぱり、思ったことは正直に言いたいじゃないか!!的な。うん。

大人の都合で、頑張ってきた子たちを泣かせるのは、いい加減にもうやめて欲しい、と。
高校生のスポーツだって、審判は他県のレフリーにさせればいいと思う。
今日、終わってから小耳にはさんだ話によると。
今日のボーイズの試合のレフリーは、相手校のOBだったと聞きます。
ママンのお隣に座っていた方は、なかなかラグビーに詳しい方だったようですが…
「公平に取ってあげるべきだ」と言っていたそうですし。
客観的に観ていた人の目に、そう映ったってことはさ。
不公平やった可能性はなかなかにあるってことじゃない?みたいな。
相手の反則は流され、こちら側の反則は即取られ。
攻撃の流れは何度も止められ…
最終的に、2点差で負けてしまった。

そりゃあ、もう一押しも足りなかったと思うけど。
失敗も、沢山あったけれど。
それでも、トライは取られなかったし、トライはしたし。
負けた気はしないのに…
結果だけ見れば、2点差の負け。

ひたむきに頑張ってきた子たちの夢が、断たれてしまうその瞬間は。
去年も今年も、悲しさよりも虚しさでいっぱいになりました。
そうしてしばらくは、モヤモヤとした気分をひきずるのだと思います。

すっきりキッパリがっつり負けていたのなら。
納得だって出来るのになぁ…
虚しい。
虚しすぎる。
Posted by sweet-snow at 22:27 | スポーツ | comments(0)
コメント
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://sweet.clover-usagi.com/trackback/490988
トラックバック

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Bookmarks

Profile